Font Size

Profile

Layout

Direction

Menu Style

Cpanel

Men's personal style & color course

Men’s personal style & color course メンズパーソナル・スタイル&カラーコース 

   

   

多くの女性アナリストの皆様より「男性に対しての診断ポイントを教えて欲しい」というご要望を頂いております。基本的に女性と男性では色に対して考える比率が異なります。女性はモノを構成する三要素のデザイン・素材・色をバランスよく考える能力が高く、男性はこれら以外に機能性を重視するので色は最終的な付加価値としてとらえる人が多いのです。 

その昔、アメリカの大統領選挙でケネディ氏とニクソン氏の両者が戦い、似合う色を身に付けたケネディ氏がニクソン氏を大差で破ったとされるパーソナルカラーの逸話がありますが、実際のところ勝負は僅差であり、似合う色とは関係なく、おじさん臭いニクソン氏よりも若々しいケネディ氏に対して女性から支持率が圧倒的に高かったのが本当の話。勝利の理由は、似合う色の効果よりも見た目の容姿にあるのです。また、当時のケネディ氏の奥方であるジャクリーン夫人は米国女性たちの憧れでもあり、美男美女のカップルとして大統領夫妻を迎えたいという願いが得票数として反映されたのでしょう。

男性をカラー診断する難易性について女性アナリストに尋ねてみると「わかりにくい」と答える方と「わかりやすい」と答える方に分かれます。診断で迷う一つの原因として日焼けによる影響があり、診断を受ける男性が日焼けしているか、日焼けしていないかによります。営業マンや野外の作業に携わる男性と一日中デスクワークに関わる男性では明らかに日焼けの度合いが異なります。しかし日焼けの度合い以上に着目しなくてはならない点があります。カラリストの貴女が適切な診断で似合う色を提案したとしても、男性は女性に比べて遺伝的に色覚が劣る場合が多いのも事実。もしかしたら、提案した色が同じ色に見えていないかも知れません。魅力ある男性に変える為に、そして納得頂くためには色以上に洋服のデザインを重視すべきなのです。男性のお客様にご提案するのはデザインや素材、機能性、そして何よりも「拘(こだわ)り」なのです。

女性は自分の印象をメイクでいくらでも変えることが出来ます。日本人女性の多くは色白に憧れる傾向にあるので、たいてい実際の肌よりも明るめのファンデーションを選びます。首筋や胸元とメイクした顔の明るさが明らかに違う女性が多いのですが、洋服で隠れるのでなんら問題ないのです。しかし、男性はメイクしません。ズバリその人の印象は洋服で左右されます。男性のお客様に対して似合う色だけのご提案だけでなく、具体的なスーツ、vゾーンのコーディネート、ジャケット+トラウザース、靴、小物などのアドバイスやお買いもの同行の能力を養うコースです。

 ☆受講に際しては、事前にスタイルカラーズのイメージコンサルタントコースを修了していることが必要条件となります。

【カリキュラム】

●履修時間12時間

1.男性モデル※1)のパーソナルカラー診断、顔型・体型イメージ分析

2.郊外実習※2) 百貨店紳士服売り場、セレクトショップ、ファストファッション店舗めぐり

3.クライアントを想定した男性のファッションタイプ分析、ファッションイメージボードの作成

4.修了認定試験、クライアントを想定したファッションイメージボード課題提出、予算に応じたお買いもの見積もり金額の算出

【コース費用】

●合計 87,150円

受講料 84,000円 (修了認定試験、デュプロマ含む)

教材費 3,150円  「オリジナルテキスト03」(監修:久保田 覚)

※2)男性モデルは認定講師が手配した人、または受講生の知り合いの男性をモデルとしてお願いした方となります。モデル料は受講生の負担となりますのでご了承ください。


※1)郊外実習に関わる交通費は各自が別途負担となります。

 

Area Map

STYLE COLORS Blog

contact

STYLE COLORS JAPON Member's review

Fashion business section

The woman is beautiful. !!  

人は誰もが「美しくありたい、きれいでありたい」と願っています。そんな願いのお手伝いをするのがカラースタイリストの仕事。自分の手でお客様を何倍にも輝かせる・・・そんな素敵なお仕事をあなたもしてみませんか? 

Contact us

●屋号/スタイルカラーズ

住所/〒424-0827 静岡県静岡市清水区上二丁目723

電話&FAX(054)352-0690

Email/info@stylecolor-japan.com/


☆弊社は、日本一高い山・富士山を望み、日本一深い海溝・駿河湾に面した日本の真ん中にあります。

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「お墓を持たない」という選択

   ご遺骨供養~しぜんそう~


You are here Fashion business section Men's style & color course